中東の砂漠沿いの道から見た景色

ブログ詳細記事ページSEO対策と集客に強いWeb制作の
FMP

群馬県栃木県埼玉県東京都神奈川県長野県新潟県茨城県千葉県のWeb制作。
検索エンジン最適化を施したコーディング実装をいたします。

群馬県桐生市のWebクリエーターFREEMAKE-Productionの ブログ記事詳細ページです。
SEO対策に強いホームページ作成ならFMP。お客様のこだわりとわがままを叶えるWeb制作。検索順位対策やWeb広告運用、テンプレート格安制作など、柔軟に対応いたします。繁忙期のWeb制作会社やデザインは自社できる企業、デザイナー様向けのコーディング代行も承ります。FMP にご相談ください。お見積もりは無料ですので、お気軽にご連絡ください。

2018.06.08 web制作

seo対策のアレコレ。schema.org対応

schema.org対応をしてみました。

wordpressでのプラグイン、「all in one seo pack」を使っていますが、「yoast」の方がschemaの対応が繊細なようです。

「all in one seo pack」は、ogpの設定を楽にするために使用しているだけなので、できれば、平たく自分でソースファイルに書き込んでやった方が、本当に若干ですがseoが良くなると思います(プラグインを使用しないほうが、若干ですが、処理速度も速くなります。とはいえ気にするほどの違いではないと思いますので、プラグインを使用しています。スライダーをなくしたほうが、処理速度が格段に上がるのですが、リッチ感がなくなりあまりにも簡素になってしまうかなと思っています。もっと速いネイティブjsスライダーの幾つかには、気づきづらいですがバグがあるので、slickを使用しています。)。

googleは、JSON-LD(JavaScript Object Notation Linked Data(ジャバスクリプト・オブジェクト・ノーテーション・リンク・データ)と言う文法での記述を推奨しています。

microdataの方が、めんどくさいけど処理速度が出るんじゃないか??とは思うのですが、将来的に検索順位にも強く干渉していく可能性もあるため、推奨の方法の方が無難かも知れません。

schema.orgのホームページ→ https://schema.org/

amp対応させるなら、schemaは必須です。

wordpressだと専用のプラグインを入れるだけでできるみたいですが、まあ仕様は知っておいた方がいいしプラグインを使わない方が繊細なことができると思うので、勉強しておいて間違い無いでしょう。

ぼおっとしていると、デファクトスタンダードがすぐに変わってしまうWEB・ITの世界。

どこの業界もそうかと思いますが、特に顕著な分野だと思います。

日々、情報収集と勉強を怠らずに、励んでいきたいと思います。

 

 

LINEで送る
Pocket

【出張可能な地域】

記載のない地域は、メール、電話、skypeなどでの打ち合わせを基本といたします。

群馬県
栃木県
埼玉県

【オンライン打合せ地域】

重要事項のみ出張して打ち合わせに伺います。

最新実績PORTFOLIO

PORTFOLIO Web制作実績一覧を見る >
ページトップに推移する上矢印と丸ボタン